コレクション: 実習に役立つ!看護コミュニケーション

患者さんとのコミュニケーションにつまずいてしまう学生さんも多いのではないでしょうか。患者さんの気持ち(患者解釈モデル)と看護師が理解した患者さんの気持ち(看護師解釈モデル)が一致していなければ、より良い看護を提供することができません。このシリーズでは、臨地実習中で遭遇する場面を見ながら、コミュニケーション技法の活用方法をわかりやすく説明して、技法の活用方法や看護師の態度、関係性の構築などを丁寧に解説しています。臨地実習前やコミュニケーションの演習などに是非ご活用ください!

 

原案監修

篠崎 惠美子 (人間環境大学 看護学部 教授)

実習に役立つ!看護コミュニケーション

3個の商品

並び替え

並び替え

3個の商品

3個の商品