商品情報にスキップ
1 / 1
KRD-04

小児看護のためのアセスメント事例集 [Vol.04] 低出生体重児とその家族への看護事例

通常価格 ¥29,260 税込
通常価格 定価:¥30,800 セール価格 オンラインショップ価格:¥29,260
配送料は購入時に計算されます。
 

監修
小川 純子 (淑徳大学 看護栄養学部 准教授)
原案
伊藤 奈津子 (淑徳大学 看護栄養学部 講師)

ISBN978-4-86243-728-0  

DVD / 32分 / ©2016年

田中陽菜(在胎週数31週5日 女児)ちゃんは、緊急帝王切開にて体重1660gで生まれ NICUへ入院することになりました。この事例では、アセスメントの視点として、低出生体重児の胎外生活への適応、父親の不安、母親の自責の念、母子の愛着形成、母体の回復、育児への不安など家族に生じている問題に着目し、日齢0?50日までの看護場面を紹介します。

Index
 ●イントロダクション
 ●9月27日AM7:00~『父親の初回面会(日齢0日)』
 ●9月28日AM10:00~『母親の初回面会(日齢1日)』
 ●9月29日AM9:00~『看護援助の場面①(日齢2日)』
 ●10月2日PM2:30~『看護援助の場面②(日齢5日)』
 ●10月15日PM2:30~『看護援助の場面③(日齢18日)』
 ●11月16日PM2:00~『退院に向けての場面(日齢50日)』