コレクション: 看護のための病態生理とアセスメント

本シリーズは、臨床でよく見られる症状について、本来の生理学的知識、病態の理解、検査や治療について、看護のために必要な内容を分かりやすく解説しています。また具体的に患者を設定し、病態生理を踏まえた上でのアセスメントや看護目標・援助といった看護過程でのポイントの例を示しています。看護学生には、ヘルスアセスメント、臨床看護過程、老年看護、成人看護などの学習の教材としてご活用いただけます。

 

監修高橋 龍太郎 (東京都健康長寿医療センター研究所 副所長)
堀内 ふき (佐久大学 看護学部 看護学科 教授)
山田 律子 (北海道医療大学 看護福祉学部 看護学科 教授)

看護のための病態生理とアセスメント

14個の商品

並び替え

並び替え

14個の商品

14個の商品