コレクション: リハビリテーション医学 第2版 - DVD

大好評をいただいた『リハビリテーション医学』が、資料写真や映像、CGを一新して16:9のワイドな画角で遂にDVD化!チーム医療としてのリハビリテーションの実際と、その解剖学的・生理学的な裏付けを分かりやすく解説します。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの卒前教育、卒後研修用にご活用ください。


総監修

米本 恭三 (東京慈恵会医科大学 名誉教授/首都大学東京 名誉教授)

リハビリテーション医学 第2版

21個の商品

並び替え

並び替え

21個の商品

21個の商品

    • 定価:¥704,000
    • オンラインショップ価格:¥668,800

    大好評をいただいた『リハビリテーション医学』が、資料写真や映像、CGを一新して16:9のワイドな画角で遂にDVD化!チーム医療としてのリハビリテーションの実際と、その解剖学的・生理学的な裏付けを分かりやすく解説します。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの卒前教育、卒後研修用にご活用ください。

     

    [Vol.01] 脳卒中(急性期)のリハビリテーション

    [Vol.02] 摂食・嚥下障害

    [Vol.03] 排尿障害

    [Vol.04] 切断と義肢

    [Vol.05] 呼吸器のリハビリテーション

    [Vol.06] 脊髄損傷

    [Vol.07] 神経・筋疾患

    [Vol.08] 小児の発達障害

    [Vol.09] 認知症

    [Vol.10] 失語症

    [Vol.11] 脳卒中の回復期

    [Vol.12] 疼痛

    [Vol.13] 関節リウマチ

    [Vol.14] 高次脳機能障害

    [Vol.15] 心臓のリハビリテーション

    [Vol.16] 小児疾患のリハビリテーション

    [Vol.17] 内部障害のリハビリテーション

    [Vol.18] 骨粗鬆症のリハビリテーション

    [Vol.19] 運動器のリハビリテーション1

    [Vol.20] 運動器のリハビリテーション2

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    脳卒中の分類と病態(脳内出血、クモ膜下出血、脳梗塞)、疫学(発症頻度、死亡率など)、急性期の評価(NIHSS、JCSなど)について説明し、脳卒中急性期のリハビリテーションとして良肢位保持、体位変換、ROM訓練、ヘッドアップ訓練、座位耐性訓練、移乗訓練などについて解説します。

    Index
     ●脳卒中の分類と疫学
      〇脳内出血
      〇クモ膜下出血
      〇脳梗塞
      〇脳卒中の疫学
     ●脳卒中急性期のリハビリテーション
      〇脳卒中の評価
      〇安静臥位でのリハ
      〇ヘッドアップ訓練
      〇移乗訓練
      〇立ち上がり/歩行訓練

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    摂食・嚥下の生理(解剖、嚥下モデル)、摂食・嚥下の評価(問診、スクリーニング検査、精密検査(嚥下造影検査/嚥下内視鏡検査)など)について説明し、摂食・嚥下のリハビリテーションとして、間接訓練、直接訓練、代償的手段、代償的栄養法、手術的療法、口腔ケア、チーム医療などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●摂食・嚥下障害の生理
      〇解剖
      〇嚥下モデル
     ●摂食・嚥下障害の評価
      〇問診・評価・診察
      〇スクリーニング検査
      〇精密検査(嚥下造影検査/嚥下内視鏡検査)
     ●摂食・嚥下障害のリハビリテーション
      〇機能改善練習(間接訓練、直接訓練)
      〇代償的手段
      〇代替的栄養法
      〇口腔ケア
      〇手術的療法
      〇チーム医療

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    排尿障害のメカニズム、排尿機能の病態(尿失禁の分類、神経因性膀胱、過活動膀胱、薬剤性排尿障害)、排尿機能の評価(基本的評価、精密検査(画像診断、尿流動態検査))について説明し、排尿障害のリハビリテーションとして、薬物療法、理学療法、作業療法、行動療法、言語療法などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●排尿障害のメカニズム
     ●排尿機能の病態
      〇尿失禁の分類
      〇神経因性膀胱
      〇過活動膀胱(OAB)
      〇薬剤性排尿障害
     ●排尿機能の評価
      〇基本的評価
      〇精密検査(映像診断、尿流動能検査)
     ●排尿機能のリハビリテーション
      〇薬物療法
      〇理学療法・作業療法・言語療法
      〇行動療法
      〇間歇的自己導尿(CIC)
      〇骨盤底筋訓練

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    四肢切断と離断について説明し、切断のリハビリテーションとして、大腿切断を中心とした断端の管理、義足装着前訓練、義足装着訓練、義足の歩行異常について解説します。また義肢の基礎知識として、義足(大腿義足、下腿義足)、義足の製作、義手を紹介します。

    収録時間:37分

    Index
     ●イントロダクション
     ●切断・離断
     ●切断のリハビリテーション(大腿切断)
      〇断端の管理
      〇義足装着前訓練
      〇義足装着訓練
      〇義足の異常歩行
     ●義肢の基礎知識
      〇義足(大腿義足、下腿義足)
      〇義足の製作
      〇義手

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    主にCOPDの包括的呼吸リハビリテーションに焦点を当て、呼吸リハに必要な病態生理、評価(問診、身体所見、呼吸機能、呼吸困難、運動耐容能、ADL、心理・QOL)、呼吸リハの実際について説明します。また急性期・周術期の呼吸リハ、神経筋疾患の呼吸リハについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●呼吸リハビリテーションに必要な病態生理(COPD)
     ●呼吸リハビリテーションのための評価
      〇問診・身体所見
      〇呼吸機能の評価
      〇呼吸困難の評価
      〇運動耐容能の評価
      〇ADLの評価
      〇心理・QOLの評価
     ●呼吸リハビリテーションの実態
      〇包括的呼吸リハビリテーション
      〇急性期・周術期の呼吸リハビリテーション
      〇神経筋疾患における呼吸リハビリテーション

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    脊髄損傷の分類、疫学、病態生理、高位診断、そして褥瘡から発症する感染症などについて説明し、リハビリテーションとして褥瘡の予防、泌尿器科的管理、生活習慣病対策としての運動療法、社会資源の活用などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●脊髄損傷とは
      〇病態と疫学
      〇診断と評価
      〇合併症とその検査
     ●リハビリテーション
      〇高位別の目標設定
      〇排尿・排便管理
      〇理学療法
      〇作業療法
      〇装具療法
      〇生活習慣病対策
      〇福祉制度・社会資源

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    パーキンソン病、脊髄小脳変性症、ギラン・バレー症候群、筋萎縮性側索硬化症(ALS)について、その主な症状や徴候、評価などについて詳細に説明し、運動療法や薬物療法、手術療法などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●運動制御
     ●パーキンソン病
      〇症状と評価
      〇病態と治療
      〇リハビリテーション
     ●脊髄小脳変性症
      〇症状と評価
      〇リハビリテーション
     ●ギラン・バレー症候群
      〇病態の症状
      〇治療とリハビリ
     ●筋萎縮性側索硬化症(ALS)
      〇症状と経過
      〇リハビリテーション

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    発達障害として脳性麻痺、二分脊椎、筋ジストロフィーについて、その分類、原因、症状、合併症などについて詳細に説明し、臨床経過に沿ったリハビリテーション、整形外科手術、薬物療法などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●脳性麻痺
      〇脳性麻痺の分類
      〇脳性麻痺の原因
      〇脳性麻痺の診断
      〇脳性麻痺の治療
     ●二分脊椎
      〇ライフステージと治療
     ●筋ジストロフィー
      〇臨床経過と治療

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    認知症の分類と病態(認知症の病因、アルツハイマー病、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、血管性認知症など)、認知症の診断について説明し、認知症のリハビリテーションとして、薬物療法(中核症状、周辺症状)、非薬物療法(集団リハビリテーション、個別リハビリテーション)、環境調整、地域での援助について解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●認知症の分類と病態
      〇アルツハイマー病(AD)
      〇レビー小体型認知症(DLB)
      〇前頭側頭型認知症(FTD)
      〇血管性認知症(VD)
      〇うつ状態、せん妄との鑑別
     ●認知症の診断
     ●認知症のリハビリテーション
      〇薬物療法
      〇非薬物療法
      〇環境調整
      〇地域で支える認知症

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    失語症の病態、言語症状、タイプ分類、評価などについて説明し、言語情報処理モデルに基づくリハビリテーションと、磁気刺激療法などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●失語症とは
      〇病態
      〇言語症状
      〇タイプ分類
     ●リハビリテーション
      〇リハビリの流れ
      〇評価
      〇言語訓練
      〇コミュニケーション訓練
      〇磁気刺激療法

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    2000年に制度化された回復期リハビリテーション病棟について説明します。さらに、そこでの代表的な疾患である脳卒中について、麻痺や感覚障害など、さまざまな障害と対応するリハビリテーションを紹介し、チーム医療の必要性などを解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●回復期リハビリテーション病棟
      〇回復期リハ病棟の役割
     ●脳卒中の回復期
      〇医学的管理
      〇障害と評価
      〇理学療法
      〇作業療法
      〇言語聴覚療法
      〇退院支援

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    疼痛のメカニズム(痛みの上行路、悪循環、下行変調路)、痛みの分類(急性疼痛、慢性疼痛、侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、心因性疼痛)、疼痛の評価について説明し、疼痛のリハビリテーションとして、薬物療法、神経ブロック、外科的療法、理学療法、認知行動療法などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●疼痛のメカニズム
      〇痛みの上行路
      〇痛みの悪循環
      〇痛みの下行変調路
     ●疼痛の分類
      〇痛みの継続時間による分類
      〇痛みの発生様式による分類
     ●慢性疼痛の評価
     ●慢性疼痛のリハビリテーション
      〇薬物療法
      〇神経ブロック
      〇外科的療法
      〇理学療法
      〇心理療法
      〇認知行動療法

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    関節リウマチの病態や経過、症状や合併症などについて説明し、新しい診断基準や寛解基準、検査法を紹介します。治療では、メトトレキサートや生物学的製剤を中心とした薬物療法をはじめ、手術療法、基礎療法、そしてリハビリテーションについて詳細に解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●関節リウマチとは
      〇疫学と病態
      〇症状
      〇診断と検査
     ●治療
      〇寛解基準
      〇基礎療法・薬物療法・手術療法
     ●リハビリテーション
      〇理学療法
      〇作業療法

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    高次脳機能障害の原因、症状による分類(注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害、記憶障害、失行症、半側空間無視、半側身体失認など)、診断と評価について説明し、それぞれの症状に対する個別の対処法と、包括的な認知リハビリテーションについて解説します。

    Index
     ●高次脳機能障害とは
      〇原因疾患
     ●高次脳機能障害の各症状とリハビリテーション
      〇注意障害
      〇遂行機能障害
      〇社会的行動障害
      〇記憶障害
      〇失行症
      〇失算
      〇半側空間無視
      〇半側身体失認
      〇着衣失行
      〇地誌的失認
      〇分離脳
     ●診断・評価
     ●リハビリテーションの流れ

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)と慢性心不全の病態、運動療法の有効性について説明し、リハビリテーションとして、急性心筋梗塞、開心術後、慢性心不全に対する運動療法を中心とした包括的心臓リハビリテーションについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●虚血性心疾患と慢性心不全の病態と治療
      〇虚血性心疾患の病態
      〇慢性心不全の病態
      〇虚血性心疾患の治療
      〇慢性心不全の治療
     ●心臓のリハビリテーションの実際
      〇運動療法の実際
      〇急性心筋梗塞の心リハ
      〇開心術後の心リハ
      〇慢性心不全の心リハ
      〇退院後の心リハ
     ●心臓リハビリのエビデンス

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    小児疾患(ダウン症、下肢切断、骨系統疾患(軟骨無形成症、骨形成不全症)、低出生体重児)の特徴や症状、合併症などについて説明し、それぞれのリハビリテーションとして、早期教育プログラム、運動療法、薬物療法、呼吸理学療法などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●ダウン症児のリハビリテーション
     ●下肢切断の小児に対するリハビリテーション
     ●骨系統疾患患者のリハビリテーション
     ●NICUのリハビリテーション

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    内部障害として閉塞性動脈硬化症(ASO)、慢性腎臓病(CKD)、末期腎不全、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)、糖尿病、肥満症の病態について説明し、運動療法や食事療法を中心としたリハビリテーションについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●内部障害のリハビリテーション 総論
      〇リハビリの目的
     ●腎臓リハビリテーション
      〇慢性腎臓病(CKD)
      〇透折患者のリハビリ
      〇CKDの運動療法
     ●肝臓リハビリテーション
      〇肝臓機能障害
      〇NAFLDのリハビリ
     ●代謝疾患のリハビリテーション
      〇糖尿病のリハビリ
      〇肥満症のリハビリ

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    骨粗鬆症の定義、病態、分類、骨粗鬆症の評価と診断について説明し、骨粗鬆症のリハビリテーションとして、薬物療法、運動療法、食事療法について解説します。また骨折を予防するための転倒予防について紹介します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●骨粗鬆症の定義と病態
      〇骨粗鬆症の定義
      〇骨粗鬆症の病態
      〇骨粗鬆症の分類
     ●骨粗鬆症の評価と診断
      〇骨粗鬆症の診断
     ●骨粗鬆症の治療・リハビリテーション
      〇薬物療法
      〇運動療法
      〇食事療法
     ●転倒予防
      〇転倒予防教室(健康状態の確認、運動能力の評価、運動指導、生活指導)
      〇装具療法(ヒップ・プロテクター)

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    日本における代表的な運動器疾患について説明し、運動器疾患全般に対して行われるリハビリテーションとして、運動療法や物理療法、装具療法、ADL訓練について解説します。また、腰痛のリハビリテーションについても解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●運動器の疾患のリハビリ 総論
      〇代表的な運動器疾患
      〇運動療法
      〇物理療法、装具療法、ADL訓練
     ●腰痛のリハビリテーション
      〇腰痛とは
      〇腰痛の診断
      〇腰痛の運動療法
      〇その他の治療

    • 定価:¥35,200
    • オンラインショップ価格:¥33,440

    上肢の運動器疾患として肩関節周囲炎、橈骨遠位端骨折、下肢の運動器疾患として変形性膝関節症、大腿骨近位部骨折について、それぞれの病態と評価などについて詳細に説明し、運動療法や手術療法などについて解説します。

    Index
     ●イントロダクション
     ●上肢のリハビリテーション
      〇肩関節周囲炎
       ・病態と診断
       ・治療とリハビリ
      〇橈骨遠位端骨折
       ・診断と治療
       ・リハビリテーション
     ●下肢のリハビリテーション
      〇変形性膝関節症
       ・病態と診断
       ・治療とリハビリ
       ・術後のリハビリ
      〇大腿骨近位部骨折
       ・病態と治療
       ・術後のリハビリ